イラン・テヘランでの絨毯買い付けの様子 バザール編

今回はテヘランのバザールでの買い付けの模様をお送りしたいと思います。


バザール前の道路  今回、店長の私は6年振りぐらいにイランへ来たのですが、バザールがある地区に車で入るのに入場料がかかるようになっていました。以前は入場料などなかったのですが、渋滞がとてもひどくて規制するようになったそうです。


バザールの入口で



バザールの中にある、テナントが全て絨毯屋のビル


バザール内絨毯屋通り


バザールの中の洋服や食器などの日用品を売っているエリアは人で溢れかえっています。この辺りはスリや泥棒が多いです。


バザールの建物はとても古く、300~500年前に建てられたと言われています。モスクのようなタイル張りの壁が綺麗でした。


バザールのバイオリン弾きのおじいちゃん。社長がチップをあげたのですが、もらうだけもらって何もなかったかのように普通に弾いていました。


絨毯屋に突入です。


イスファハン産の絨毯をキズなどがないかチェック!


社長と店長が相談中


選んだ絨毯の納品書を絨毯屋の主人が書いているのですが、社長が最後の値段交渉中

社長!負けるな~

ま、負けた?!しゃ、社長~

コメントは停止中です。