LION RUGS

PERSIAN CARPETペルシャ絨毯とは

手織り絨毯の歴史は古く3,000年前とも5,000年前とも言われています。
確証はないのですが、元々絨毯は中央アジアの遊牧民族が生活必需品として自分達で織り、使い始めたと言われています。
中央アジアの広大な草原や砂漠、山岳地帯を移動しながら暮らす遊牧民にとって、
時には布団代わりに、時には食事のテーブル代わりに、時には寒さをしのぐコート代わりに、
またある時には物を包む風呂敷代わりに使われていたものが、自分達が育てていた羊から刈り取るウールで織られた手織り絨毯だったのです。
そんな古代から現代へと脈々と受け継がれてきた手織り絨毯の中からライオンラグスでは、
ペルシャを中心にトルコやアフガニスタン、パキスタンなどの国々で織られた絨毯を店舗にてご紹介しています。

AREA OF RUGS絨毯の産地と種類