中東随一のスケールと言われているカジャール王朝時代から続いているテヘランバザール。このバザールの東の一画にイラン最大の絨毯集積地テヘランペルシャ絨毯バザールがあります。代々引き継がれている絨毯屋が軒を連ね、ひしめき合っています。

そんなバザールの中で130年続く絨毯屋の4代目が当社社長のサミル・エスマイリであり、幼い頃から絨毯の山を遊び場として育ちました。
日本では絨毯問屋で流通を学び、また自ら問屋の販売促進のために百貨店、専門店の店頭で販売も実践し、日本の絨毯市場動向もリサーチしてきました。

今般、伝統の街・浅草に待望の店舗を構え、イランの伝統工芸品であるペルシャ絨毯をもっと身近に感じていただけるよう、日本のインテリアにご提案すべく日々努力しております。

ライオンラグスの目指すこと

  • 商売は常に正直をモットーとして、常に誠意を持ってお客様のご要望に応える
  • 身近な価格展開により、より一層のペルシャ絨毯の普及に努める
  • お客様の信頼は、確かなメンテナンス力により確立する
  • リアルタイムでペルシャ絨毯情報をお客様に伝える
  • お客様のお好みの絨毯が日本にない場合、イランの絨毯バザールにお客様をご案内して絨毯探しのお手伝いをする